新着情報

コラム
2017.11.10

新卒必見! 就活の面接時に確認したい服装チェックポイント5つ

新卒必見! 就活の面接時に確認したい服装チェックポイント5つ
就職活動の面接では「何を話すか」も重要ですが、その人が「どう話すか」という点もチェックされています。話す時の仕草や立振る舞いもさることながら、「社会人として正しい服装ができているか」についても見られているのです。
家を出る際や面接を受ける直前に、全身の身だしなみが整っているかどうかチェックしておきましょう。
今回は面接時の服装に関する5つのチェックポイントをご紹介していきます。

 

面接時の服装チェックポイント①:スーツ(ジャケット・パンツ・スカート)

新卒採用のときに着ていくスーツは、男女ともに黒(もしくは紺)のリクルートスーツが一般的です。ビジネススーツは清潔感が大切なので、定期的にクリーニングに出してシワやヨレのない服装で臨みましょう。
女子はスカートとパンツどちらでも構いません。ビジネスシーンなのでスカート丈はあまり短すぎず、立った時に膝が見えるくらいが適切です。
IT技術者などの採用では「服装自由」としているところも多いですが、面接時はジャケットを着用すると良いでしょう。

 

面接時の服装チェックポイント②:シャツ・ブラウス

シャツやブラウスもスーツと同様、シワがないパリッとしたものを着ていくと好印象です。
男子はボタンを全て留めて、ストライプかドットなど華美でないネクタイを着用します。
女子もボタンを全て留めるのが基本ですが、第一ボタンを開けても構いません。普段オフィスカジュアルで働く業界ならば、Vネックかラウンドのノーカラー(襟なし)を選んでも良いでしょう。

 

面接時の服装チェックポイント③:革靴・パンプス

新卒必見! 就活の面接時に確認したい服装チェックポイント5つ
 
男子の革靴の色は、「黒」か「こげ茶」のものがおすすめです。ベルトの色と同色のものを選ぶと見た目のバランスが良くなります。汚れや擦れがないよう、よく磨いたものを履きましょう。
女子のパンプスは、ヒールが3~5cm程度のものが適切です。就活では長く歩くことも多いので、なるべくヒールが低いものを選ぶと良いでしょう。移動が長距離になる人は、カバンにぺたんこ靴を入れておいて、企業の最寄り駅などで履き替えても良いです。

 

面接時の服装チェックポイント④:ストッキング

素足ではなくストッキングを履くのがマナーです。移動中に伝線してしまった時に備えて、予備をカバンに入れておきましょう。
自分の肌色に近く30デニール程度のものを選ぶと、薄すぎず野暮ったくならないのでおすすめです。またビジネスやフォーマルシーンでは、黒いストッキングはお葬式などで着用するものされているので、就活ではなるべく避けましょう。

 

面接時の服装チェックポイント⑤:腕時計

時間を確認するとき、面接の場なのに携帯電話をチェックしているといった様子は、あまり良い印象を与えません。そのため腕時計は、就活の必須アイテムと言えます。
カジュアルなデザインは避け、メタルベルトのものを選びましょう。銀色のベルトが適切ですが、ピンクゴールド程度であればマナー違反にはなりません。
 
「人は見た目が9割」という通り、第一印象のほとんどは服装や立ち振る舞いなどで判断されると言います。きちんとした服装で面接に臨む姿には、話す内容に対する説得力が生まれるはずです。面接を受ける前には、正しい服装ができているかどうかチェックを欠かさないようにしましょう。

有名ホテルの客室清掃などご興味ある方は下記求人ページにてお仕事をご紹介しています。
お気軽にご覧ください。

未経験から始められる◆有名ホテルの客室清掃アルバイトスタッフ◆募集中
~詳細はこちら~