新着情報

コラム
2017.10.02

営業職に向いていない人の3つの特徴 性格・適正に合った職種選びとは?

営業職に向いていない人の3つの特徴 性格・適正に合った職種選びとは?
営業職は自分の頑張りが売上に繋がるため、やりがいのある仕事として知られています。
その一方で性格によって「向き・不向きがある職種」とも考えられています。
職業を選ぶ際には、自分の性格や適正に合ったものを選ぶことが大切です。
今回は職業や職種選びのヒントになるよう、営業職に向いていない人の特徴をまとめていきます。

有名ホテルの客室清掃などご興味ある方は下記求人ページにてお仕事をご紹介しています。
お気軽にご覧ください。

「営業職に向いていない人の特徴」と「向いている仕事」

●コミュニケーションに苦手意識がある

営業職というと「会社の商品を売る」という役目があることはご存知かと思いますが、実際のところは自分自身を売り込む仕事といっても過言ではありません。
営業の仕事の1つとして、取引先の方と笑顔で接しながら名刺交換を行い雑談を交わしながら自社製品を説明し、最終的には契約に持っていくというコミュニケーションが求められています。このため相手の空気を察知しながら適切な行動・対話ができる方が営業に向いています。
「コミュニケーションの機微を感じ取るのが苦手」という方でも、何かに打ち込むことが得意な方は多いはずです。物事への集中力に自身がある方は、事務や設備管理者、警備業務などの職種も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

●ストレスを溜め込みやすい

営業は個人の売上が実績に直結しますし、それにより社内外の人間関係にストレスを感じる場面もしばしば見られます。これは営業職の方なら誰もが感じるストレスの要因ですが、それを重く捉えてしまうか、軽く受け流すことができるかは個人差があるのです。営業職に向いていない方の特徴としてこのストレスを溜め込んでしまいやすい方が挙げられます。
実績を積み上げていくことよりも、タスクを正確に効率よくこなしてくことに魅力を感じる方は、内勤の業種を選んでみても良いでしょう。内勤といってもオフィスワークばかりではなく、接客窓口や清掃業務など幅広い職種が存在します。

●プライドが高すぎる

営業職は売上を上げるため、時には自分のプライドを捨てた大胆な行動が必要になります。
顧客に対して下手に出なければならない局面もあるため、「高すぎるプライド」は仕事の妨げになったり、営業の成績を下げてしまうかもしれません。
もちろんプライドを持って仕事に臨むことも重要です。ですが場面によって自分を捨ててでも契約を取ってくるという姿勢が求められていることも忘れないようにしましょう。
高いプライドを持っている方は、しばしば職人的な業種に対する適性を持っていることがあります。ホテル業務を統括するマネージャーや厨房のすべてを取り仕切る調理師といった職種には、自分の仕事に確固たる自信を抱いている方も多いです。

 

自分の性格・適正に合った職種探しが大切

営業職に向いていない人の3つの特徴 性格・適正に合った職種選びとは?
ここまでで紹介したように営業職は人によってはあまり適していない方もいらっしゃいます。
職種には向き不向きがあるため、自分にとって適した職種が何なのかを探していくことが、自分にとって良い仕事先を見つける手掛かりとなります。 イメージで希望の職種を選ぶのでなく、自分の性格と適正、そしてさまざまな職種の特性を踏まえた職業探しを行っていきましょう。

有名ホテルの客室清掃などご興味ある方は下記求人ページにてお仕事をご紹介しています。
お気軽にご覧ください。

未経験から始められる◆有名ホテルの客室清掃アルバイトスタッフ◆募集中
~詳細はこちら~