新着情報

コラム
2017.10.02

ブランクの長い主婦が仕事を始めるためには「面接」がポイント

ブランクの長い主婦が仕事を始めるためには「面接」がポイント
お子様が大きくなり、手がかからなくなったタイミングで仕事を始めようとする専業主婦の方は少なくありません。そういった方が気になる点として「仕事のブランク」があるのはないでしょうか。
子育てをしていた時間が長くなったことからしっかりと働くことができるのかなど、気になるところはたくさんあるはずですが、実はブランク以上に気をつけるべきポイントがあります。
ネガティブな側面を面接時に見せてしまうと、面接官にネガティブな印象をもたれてしまう可能性があるため、しっかりと準備をして面接に臨むことが大切です。
今回はブランクが長い主婦が仕事に復帰する際に覚えておきたい面接テクニックをご紹介します。

志望動機の質問で避けたい「働く意欲」に欠けた受け答え

転職活動時の面接で必ず聞かれる質問が「志望動機」です。
この志望動機で「夫の収入が減ってしまったため、仕方なく……」など、働く意欲が全く見えない受け答えはマイナスイメージになりかねません。
他にも「子供が高校に上がったので、時間ができたため……」という答え方も、面接官によってはポジティブには捉えられないこともあります。志望動機ではその組織で働く上でのモチベーションをアピールできる伝え方を意識することが大切です。

 

採用面接では「仕事がしたい」という熱意をもって!

「ブランクがある私でも働けるでしょうか?」といった質問をしてしまう方もいらっしゃいますが、これは面接官によっては「働いていく自信がないのかな?」という印象を与えかねません。働いていく上で自信が無いように見えてしまうと、合否に悪影響を与えてしまうことがあるのです。
むしろ面接官が見ているのは「ブランクがあるという事実」というよりも、「ブランクが会っても採用したい熱意」といったポイントなので、堂々とした振る舞いで面接に臨むことが採用の近道といえるでしょう。

 

長期間の専業主婦ブランクを隠してはいけない

ブランクの長い主婦が仕事を始めるためには「面接」がポイント
仕事をしていなかったという「ブランク」は、必ずしもネガティブに捉えられるとは限りません。
それ以上に面接官がネガティブに捉える事柄として「何度も転職を繰り返している」というものがあります。
採用面接では転職歴が少ないことをアピールするためにも、長期間働いていなかったことを正直に伝えた方が良いケースもあるのです。ブランクを隠しているよりも履歴書に「〇〇年〜◇◇年 専業主婦のため職歴なし」と転職歴が無いことを書いておき、正直に面接に臨む方が好印象の可能性があることも覚えておきましょう。

このように「ブランク」というものは、必ずしもネガティブに捉えられるわけではありません。
大切なことは「ブランクがあっても働けるかどうか」です。働いていなかった期間を差し引いても魅力的な人だということを伝えられるような面接を心がけるようにしましょう。

有名ホテルの客室清掃などご興味ある方は下記求人ページにてお仕事をご紹介しています。
お気軽にご覧ください。

未経験から始められる◆有名ホテルの客室清掃アルバイトスタッフ◆募集中
~詳細はこちら~